Information



6/22、23公演、盛況にて終了いたしました!ご来場いただき、まことにありがとうございました。

Facebookでも情報発信中!いいね!で応援してね(*´∀`)


-此れは、話す事の出来ない物語-

『Cour d'amours (コールドアモール)
スクラプ's ver2.5』

チラシ表

チラシ裏
クリックすると大きい画像が見られます。

[シアターX(カイ)提携公演]

≪出演≫

      細川紘未 (マイムトループ★グランバルーン)
      石川紫織 (汎マイム工房)
      Bijuree
      阿部邦子 (マイムトループ★グランバルーン)
      平 光司 (マイムトループ★グランバルーン)
      いちょう

      新堂雅之
      島 留美

      長濱 優
      かけくみこ
      照岡 歩
      又吉春香
       (上記4名TOKYOマイムカレッジ)

      作・演出/松田充博


≪DATE≫

2013年6月22日(土) 15時/19時
     6月23日(日) 13時/17時
(開場は開演の30分前)


≪THEATER≫

東京・両国シアターχ(カイ)
東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア
(JR総武線両国駅西口下車、徒歩約3分)
地図  劇場HP

≪FEE≫

前売り 2,700円 / 当日 3,200円
ペアチケット 5,000円(前売・予約のみ)

ご予約はコチラへ


携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 給与計算アウトソーシング アウトレット通販 ワンピース通販 FX

本公演のプロモーションビデオup!
お稽古の映像から松田さんが作成。濃いぃ内容ですよっ(^o^)



Archives

 2013-03 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラシ〜入稿!! 

ども、松田です。
チラシが入稿しました!
贅沢にも両面カラーです。
こんなんです。

スクラプs_表面

これは裏。

スクラプs_裏面

スポンサーサイト

パントマイム的頭脳。 

体を動かすのが、パントマイムの表現だけれども、
ダンスや芝居と違うのは、不自然な体の使い方が多い所でしょうかね、
それは、むしろ手品に近い発送をもっていて、
たとえば、左手に注目させる動きの裏で、
右手が別の動きをしているという、
独特な表現方法かと思われます。
そんなわけで、左脳的な部分でパントマイムを考えてみようというわけで、
この映像です、ではどうぞ〜

ゆらぎ〜2 

こないだは21人のゆらぎ。
今回は、アンサンブルの最小人数、二人でのゆらぎ。



え!?二人でも出来ちゃうんだ!にビックリです。
前回、この手の動きは人数が少ない方が難しいと書きました
ブレイクダンスの用に、リズムがあれば出来るじゃん!と思いがちですが
やってみれば分かります。

これはUSA発かなぁ?
前回のはアジア!って感じ出し、これは西洋!!って感じだし
こうゆう対決ならいくらでもやってもらいらいなぁ〜

1/60秒 

この手のパフォーマンスは昔からあったけど
このパフォーマンスを超えるものは見た事がないですね〜(あれば教えて下さい)
このパフォーマンスが世界に与えた波紋は、未だに消えていないようです。



さて、このパフォーマンスを見て、プロパガンダだのセンスが古いだのの意見も聞きますが
松田が気になるのは、やはり動きです。
「ゆらぎ」を表現したい松田としましては、それがどうゆう構造で作られているのかが気になるのです。
ざっと見て、21人のダンサー。
一列に並んで、腕を出した時の角度は一人当たり約7度位か?
そのあと、14度、21度、28度・・・・・とかなりな精度で動いている
自分の前に居る人を見て調整する間はないので
自分の体の中に入れて練習すれば、出来なくはなさそうだ。
問題は、「ゆらぎ」
これは、一人では練習するのが難しそうだ。
さっと、手を出した時のタイムが、目算で0.3秒か?
秒間30Fなら10フレームになるので、1フレームに一人は収まらない。
秒感60Fなら、きっと一人一人の動き出しのタイミングが分かるかもしれない。
余談だが、秒間30フレームとは、映像の基本フレームレートで
DVDは29.97F、まぁ作業する時は面倒なので30Fで作業。
普通目にする映像は、まぁ1秒に30枚の絵が動いていると思っていいです。

話を戻しますと、
先頭のダンサーを抜いて20人のダンサーが、1/3秒で均等に動くのを捉えるには
1/60フレームで捉えた時に、1/3秒の中に収まるという事です。

問題は、それを角度とともに正確に動かすという事でして、
たとえば、真ん中あたりの人は、1/15秒あたりでタイミングをとっているし
もちろん、次の人は1/16秒で取るわけで、とてもカウント出来るレベルの話じゃありません。

これらを時間軸上の点としてとらえると、とても人には出来ない
しかし、ゆらぎ、あるいは流れの中の一人を意識する事が重要なのです。
競技場での観客が、打ち合わせ無しに見事なウエーブを見せるのも同じ事です。

このあたり、実は人数が少ない方が難しいと云えるでしょう。
ゆらぎの中の、何処に自分が居るべきなのか
正にセンスが問われるところです。

仮チラシ!UP! 

仮チラシ!UP!と部屋の真ん中で叫びたい所ですが
所詮、仮チラシです。
今月の織り込みに本チラシが間に合わないものだから
自腹切って逃げました。はい、すみません、松田が悪いです・・・・

734380_226661937474972_1914319314_n.jpg

「仮チラシ」って入れないで!って意見もあったけど
これが本チラシだとか思われたくないんで、
あえて、「仮チラシ」って入れてあります。
部数はそんなに刷らないので、レアアイテムかも!?

な、わけないか・・・・・

エレクトロニクスパフォーマンス 

スクラプ's が始まります。
このブログも、また動き始まめるわけです。
デザインが、まだ上がってないですが、来月にはFIXするでしょう〜

さて、あれからmixiはゴーストタウンと化し
FBが流行の昨今、FBと連動して連載していきますよ、あくまで不定期ですが・・・
ちなみに、FBはコチラ

https://www.facebook.com/scrapscourdamour

さて、タイトルにあるように、エレクトロニカルパフォーマンスです。



ちょっと古いですが、知らない人も居るとおもうので、ご紹介です。
LEDをプログラム制御してのパフォーマンスですが
日本でやると、エレクトロばかりに集中してしまってパフォーマンスに目がいかない
パフォーマンスあってのエレクトロなんですがね
このタイミングで動く事と、このタイムングを考え振り付けるのは機械には出来ない事ですよ。
よく、ロボットを踊らせて喜んだりする映像がありますが、
面白いなんて思わないなぁ〜
クラブカルチャーって勢いとアイデアが良くて
それだけでダ〜〜〜!!!ってやりきっちゃうでしょ、
僕の場ワイは、もう少し可愛くいきたいんですよ
何処か安心できるかんじね、まぁ嘘なんだけどね・・・・フッフッフッフ・・・

SEO対策:パントマイム :舞台 :動画 :YOUTUBE :銀座
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。