スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出とパントマイム 

思い出とパントマイムの関係は深い。
たとえば、携帯電話を知らない人の前で、そのマイムは通じない
いつか、ダイヤルを回して電話をするマイムも消える時がくるだろうー
大多数の人が持つ共通認識によってしか、マイムは成り立たない。
携帯電話とダイヤル電話の例のように
存在するモノと存在しているのに存在が危ぶまれるモノの事を考えると
人の記憶そのものがモノを存在させている事が観念的な事では納まらない事になってくる
そうなるとマイムは、それ自体がシュールレアリズムになってくる
マイムにシュールな作品が多いのも当然に思えてくる。

今回の作品には、やたらとモノが出て来ます。
うまくいけば、舞台は常に大量のモノに埋め尽くされるはずです。

そんなスクラプ'sの中で、あえて思い出のシーンを島さんと新堂さんで作ってみました
どんな思い出も、時間が経つにつれて美化されてゆき
何時か自分からさえ離れて、それが物語の一部であったかのようになって行きます
まるで古い映画を観ているように。
こんな事を思うのも、50を前にするようになったからでしょうか?
自分の子供の頃の思い出を俯瞰で思い出したりする今日この頃
いったいオマエは何処に居るんだと突っ込みたくなりますね。

松田でした。

関連記事

Comments

大丈夫、大丈夫、

もう結構いけてると思うんですよ。
さすがベテラン組。

老体に鞭打つ二人が、頑張ってます(笑)
その色あせて遠い記憶になっていく感じが出せれば良いのですが…。

やさぐれさん。

やさぐれさん>
縄文の時はホントにお疲れさまでした
事前に情報があれば、上手く立ち回れたのになと、
ちょっと、苦い思いがします。

公演、是非入らして下さい。
是非感想などお聞きしたいと思いますので
宜しくお願い致します。

是が非でも

昨年、「縄文のヴィーナス」でお世話になった、やさぐれジャーナリストです。万障を繰り合わせて伺えるようにします。もちろん、切符は松田さん経由ですよ、ネ?

  • [2009/01/14 12:19]
  • URL |
  • 縄文座のはしくれ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

う~ん
なんか小難しい事書いちゃったけど
基本的に、笑いと涙なので安心して観に来て下さい。
でも、あくまでも松田式笑いと涙だけどね。

いい気持ち

読んでて嬉しくなる。
松田さんの声が聞こえてきそうな文体。

島さんと新堂さんと思い出かぁ。
贅沢だなぁ。
早く観たい。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://scraps2009.blog6.fc2.com/tb.php/13-ef276258

SEO対策:パントマイム :舞台 :動画 :YOUTUBE :銀座
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。