スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手にお勧めーNo ? 

どうも、松田です、
shivaさんの書き込みでブッシュオブゴーストを購入しようと探したら
入手困難なんて書いたのに
あっけなくアマゾンで購入できてしまい、まぁ嬉しいやらなんやら。
それじゃついでにと、購入しようと思ったのが、今回紹介する「残雪(ツァンシュエ)」です。
残雪は中国の作家さんで、たしか松田と同い年!
色々な国の訳本が出ていることからも、世界的評価の高さがうかがえます。
まぁ、人の評価はどうでもいいんすが、

彼女曰く
 わたしはこのいわゆる「現実」世界をひとつの表層世界と見なしており、
わたしの興味は海上の氷山の下の部分にある。
夜に属し、人間の原始の欲望に属するものだけが、わたしの記す範囲なのである。
とはいうものの、原始の欲望に属する描写は最大の普遍性を具えているはずで、
それゆえわたしの奇妙な作品は、
精神的な事物に関心を寄せるすべての人に開かれてもいる。

なんてね、松田は大共感LOVEな感じなんですが・・・・みんなー!ついて来てー!
・・・・・・・・
内容は、はっきり言ってストーリーなんて陳腐な物は既に存在していないので説明できません。
登場人物の名前なんて、数行で変わるし
時間や場所なんてのも、いつの間にか変わってる。
いかに自分が、規制の価値観に縛られているか痛感しますな。
初めて読んだ「黄泥街」にこう書いてありました。
「私は書く事の快楽を忘れない・・・」
書く事の快楽!なんて凄い発想なんだ!
当時、ほんとにびっくりしました。
図書館で借りた本だったので、今日購入しようと思いきや!
なんと「黄泥街」が1万円近くもする!
「廊下に植えた林檎の木」なんて3万円もするぞ!
さすがにビックリの貧乏松田は、あっさりご辞退するのでした。
めでたし、めでたし.....


関連記事

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://scraps2009.blog6.fc2.com/tb.php/17-3374c338

SEO対策:パントマイム :舞台 :動画 :YOUTUBE :銀座
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。