スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOY DOLL 

昨夜から今日からの仮組作業に向けて、音の編集作業ー
昼前に終わったので、ちょっと一休みです。
本棚をあさって取り出したのは、多田由美さんのTOY DOLL
さっと読み直す、なんとも云えないリアルな幸福感
いつも酷い生活ばかりが描かれるのに、
なにか、ほぐされるような、
雨が降っているのに、向こうに少し陽が見えているような..

この方は、どの作品も同じ様な感覚につつまれる
市川準監督の映画と通じるものを感じます。

アメリカのスラムが舞台で
けだるいドラマが未解決のままフェードアウトしていく
いつも同じ空気が流れている
どれも同じ切り口なのに、気がつくと何冊も本棚にある事に気付く


多田由美 http://www.tadayumi.sakura.ne.jp/apeboard_plus.cgi

市川準 TVシリーズの東京物語がおすすめ。
      

松田でした。

関連記事

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://scraps2009.blog6.fc2.com/tb.php/28-f8436093

SEO対策:パントマイム :舞台 :動画 :YOUTUBE :銀座
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。