スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年ーがしょー 

あけましておめでとうございます。
松田です。
正月ですな。正月といえば私、一年でもっともくつろぐ数日でして
とにかく人が居なくなって、仕事も納まっているので
とても静かな日々が過ごせる分けです。
さて、歳の始めに何を書こうか・・・
稽古日誌はトクハシさんにまかせるとして、
正月で暇な人も居ると思うので
スクラプ's世界観を堪能してもらうための資料を紹介しようかな。

チラシのデザインを見て直ぐに反応したのが、島さん。
ヤン・シュヴァンクマイエルのようーと
その通りです、松田はストップモーションアニメとパントマイムの世界に
大きな共通項を感じてまして、
今回は、それをちょっとクローズアップしてみようと思っています。

と、云う訳で、ヤン・シュヴァンクマイエルです。
子供の頃に見た小品がトラウマの様に残っていて
大人になって再度観ると、やはりトラウマとなっていました。
一見、グロテスクに思える作品ですが
肌に直に感じるこの感触とその意味について深く感じ入るものがあります。
物語という形態を既に越えた偉業は敬服いたします。

最近はレンタルも多く出ているようなので
この機会に是非ご覧有れ。

以下はyutubeのリンクですー凄い世の中になったもんだね~

http://jp.youtube.com/watch?v=C5wHMgTPF-s
http://jp.youtube.com/watch?v=LhX1tvTgqC8&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=S7xh4NnFKXo

もっと知りたい人は。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヤン・シュヴァンクマイエル



関連記事

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://scraps2009.blog6.fc2.com/tb.php/5-0774686f

SEO対策:パントマイム :舞台 :動画 :YOUTUBE :銀座
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。